養成講座/認定試験/認定更新

糖尿病とその療養指導全般に関する正しい知識を有し、熟練した療養指導を行うことを推進することを目的とし、14回にわたる養成講座を開講、その受講者に年1回認定試験を実施し「西東京糖尿病療養指導士」を認定しています。
新規認定後は5年に一度認定更新審査を行い、糖尿病療養指導の質の水準を維持に努めています。

養成講座について

本講座は療養指導士として必要な知識を習得し療養指導に役立ててもらうための講座となっています。
また認定試験でも必要な講座となっています。

主に糖尿病専門医が講師を務め、糖尿病療養指導にかかわる医療スタッフ(看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師など)に要求される専門知識に関して講義を行います。
1回あたり約2時間程度の講義を全14回開催します。

受講資格

受講料:会員14,000円 一般20,000円
受講資格に制限はありません。特定の医療機関に勤務していることなどは条件になっておりませんので、受講費用を納入の上、どなたでも受講可能です。糖尿病療養指導に関して学びたい方であれば、医療職ではない一般の方(患者のご家族など)でも受講可能です。

受験について

上記養成講座を10回以上受講した者に受験資格を与え、年1回の認定試験を実施します。
受験料:6,000円

試験内容

記述式及び多肢選択客観式に以下の①~③。

  • ①小論文(記述式・試験時間80分間)
  • ②短文問題(多肢選択客観式・試験時間90分間)
  • ③長文問題(多肢選択客観式・試験時間60分間)

上記①~③の各試験形式において、それぞれ5割以上の得点、かつ、①~③の合計得点が総得点の6割以上の得点となることをもって合格とします。

更新について

認定試験合格後、5年ごとに、認定の更新を行います。
更新に際しては、試験合格後2年以上実地の糖尿病療養指導を経験していることや、当法人や糖尿病学会等の各種医療系団体が開催する研修会・勉強会等に一定時間以上参加していること、5年間に関与した糖尿病療養指導に関する症例記録を提出することなどを条件に認定の更新を行います。
更新料:5,000円

関連資料

< 糖尿病療養指導に関する専門家の養成事業