糖尿病療養指導に関する専門家の養成事業

 糖尿病に関する地域医療連携の実現を図り、急速に進展する社会の高齢化や増加する糖尿病患者に対応し、国民の健康を地域全体で守るためには、地域のかかりつけ医と共同して糖尿病の療養指導にあたる地域の医療スタッフ(看護師、薬剤師、管理栄養士、理学療法士、臨床検査技師など)について糖尿病療養指導に関する技能向上の機会を提供し、糖尿病療養指導に習熟した医療スタッフを育成することが必要不可欠です。
そこで、当法人は、「チーム医療」である糖尿病療養指導において医療スタッフが果たす役割の重要性を鑑み、糖尿病療養指導に関する医療スタッフの技能向上を図り、糖尿病療養指導に習熟した医療スタッフを育成するため、糖尿病療養指導に関わる専門家の認定試験を実施しております。
この事業の実施により、地域医療連携において重要な役割を果たす医療スタッフの糖尿病療養指導に関する技能向上を図ることで、国民の健康増進に寄与したいと考えております。

< 臨床糖尿病支援ネットワークとは