代表理事あいさつ

糖尿病医療連携の先駆けとして、実りある糖尿病対策を実践しております

代表理事 貴田岡正史

一般社団法人 臨床糖尿病支援ネットワーク

代表理事 貴田岡 正史

私どもは首都圏を基盤に、およそ四半世紀にわたり、広く糖尿病地域連携システムの構築に努力してまいりました。

本法人の活動は1980年前半、当時はまだ珍しかった糖尿病の診療を専門としていた地域の実地医家が中心となり糖尿病の症例検討会を開始したのが始まりです。このような症例検討会が自然発生的に幾つか立ち上がりそれぞれが独自に活動を行っていました。

1986年 には、この様な活動を担っていたメンバーが世話人となり、日本における医療連携を目指す会の先駆けとして活動を始めました。

実りある糖尿病対策を実施するためには、限りある資源を効率よく活用できる糖尿病医療連携システムの構築とともに、それを円滑に運営することが可能な人材の存在が必須です。糖尿病診療は,患者,医師,コメディカルの三者の協力で初めて成り立つことから,地域全体のメディカルスタッフのレベルアップも重要な課題となります。すなわち一次予防では行政職の保健師、二次予防では糖尿病地域医療体制を構成する重要な要素である「かかりつけ医」機能を持った医療機関に所属するメディカルスタッフや院外処方箋を取り扱う開局薬剤師などの体系的スキルアップが必要不可欠となります。

このことを目指した私どもの活動は多岐にわたり、各種研修会の開催を始め病診連携用糖尿病手帳の制作とその普及、糖尿病教育ビデオの制作等様々な事業を行ってきました。また、1999年度より西東京糖尿病療養指導士の研修・認定事業を立ち上げ、糖尿病療養指導に関わる医療スタッフの育成・技能向上を通じて、糖尿病地域医療システムの拡充を図っています。

その後さらに、本法人の活動は発展を重ね、現在本法人は①糖尿病に関する研修会、②糖尿病療養指導に関わる専門家(療養指導士)育成、③糖尿病に関する普及啓発の3つを軸として活動しております。また、高齢化社会の進展に伴い、今後介護福祉関連職種との連携も益々重要となるので、その教育研修にも力点を置きつつあります。

これまでの本法人の四半世紀にわたる積み重ねは、結果として、糖尿病医療連携の実をあげることが可能となり人を育てて生かすことにつながりました。全国的にみても高い評価を得ていると自負しております。

今後も皆様のご協力のもとに日本の医療に貢献し、国民の健康増進に寄与できるように、活動の質を一層高めるとともに、さらなる発展を期しておりますのでご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。